聖母病院 科目Ⅴ 2015年2月

臨床パストラル教育研究センター > 未分類 > 聖母病院 科目Ⅴ 2015年2月

聖母病院 科目Ⅴ 2015年2月

科目Ⅴ:スピリチュアルケア 2015年2月16日~20日

今回の研修は6回目ということもあってか、事前に訪問する方が指定されていたためなのか、研修生が初めてお会いする方が少なかったためなのか、過度な緊張がなくリラックスした状態で受講することができた。それが研修中は心地良い感覚であったが、研修後の今考えるとそれは良いことだったのだろうかと疑問に思うところもある。しかし、自分では選べない与えられた環境の中で生きている私たちは、どんな状況であってもそこに対応して生きていかざるを得ないことを考えると、研修の環境もまた人生の勉強のひとつであるように思う。

今回の研修では、訪問記録検討会の中で『言葉の裏にあるゲストの本当の思い』を研修生からの指摘で気付かせていただいた。講義の中や書物によって知識としては理解していたつもりであったが、指摘していただくまでそれを考えていなかった自分を発見することができた。『言葉の裏にあるゲストの本当の思い』への気付きは、気付こうと思って気付けるものではなく、その人の感性によるものが大きいように思う。人間性、特にスピリチュアルな次元での成長がなければゲストの本当の思いに気づくことができないように思う。

今回のゲスト訪問でスピリチュアルな叫びに対して、ゲストと共に居させていただくことはできたが、それに対して何も返答できない自分がいた。研修を受講し始めた2年前、回を重ねていけば分かるようになるのかも知れないと安易に考えていたが、やればやるほどわからなくなるという感覚を今回味わった。命とは、生きるとは、死ぬとは、等…私なりの考えをしっかりと持っていないとゲストの叫びに応えることができないと痛感した。何度も講義の中で聞いていたことであり、自分でもそうだと感じていたはずであるが、今回それを体験として感じることができ、自分なりの価値観、信念等、揺るぎない人間としての基盤を作り上げることが重要であると感じた。講義や書物に書いてある内容が今になって自分の中にすーっと入ってきたように思える。

ゲスト訪問を通し、今回も様々な気付きを得ることができ、私を受け入れてくださったゲストの方や、聖母病院に感謝している。(AN.)

seibo20150216-20


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。