フォローアップ研修会について

フォローアップ研修会について

フォローアップ研修会概要

ねらい:
臨床の現場に携わっているパストラル・ケアワーカーたちが集まり、日頃からの思いやヴィジョンなどをわかちあうことによってリフレッシュし、新たなスピリチュアルな力と希望を発見していくことがねらい。
即ち臨床パストラルケア(スピリチュアルケア)を何らかの形で実施している/してきた方々にとって、このフォローアップ研修によってより忠実に充実感を得られる、あるいは再出発の準備/のきっかけとなるのがねらいです。

方法: 講義、グループワーク、体験の分かち合い。

対象者:
現在あるいは過去に、何らかの形で臨床パストラル・カウンセラー、臨床パストラル・ケアワーカーとして臨床パストラルケアを実践している/した者、研修中の研修生が対象です。

教材: W・キッペス著「スピリチュアルケア」および「スピリチュアルな痛み」

準備:
・自分がゲストの思いに寄り添い、パストラル・ケアワーカーとして、ゲストと共にいさせていただくことができた、という体験とそうではなかった体験を各二つ。
・臨床パストラルケアに役立っている事柄(自分なりにつかんだコツなど)、および、あまり臨床の現場では役立たなかった事柄(イメージしていたことと現実の臨床の場では違った事柄など)を各二つ。
・センター主催の認定コースで役に立った事柄/役立たなかった事柄を各一つ。
・研修会のプログラムに入れて欲しい事柄を一つ。
・臨床パストラルケアを実施している者としてNPO臨床パストラル教育研究センターに対する願い(例:アフターケア、スーパーヴィジョン)。

研修費用:
研修費用は、2日間で20,000円

上記研修の準備に関しては、前もっての提出は必要ありませんが、各自、書面にまとめ、発表する時にスムーズにできるよう準備しておくこと。


  |  



まもなく開催!+開催中!の研修会

研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。