科目Ⅲ スピリット・スピリチュアル

科目Ⅲ スピリット・スピリチュアル

生きていることはあたりまえではありません

生きていることはあたりまえではありません

人間は身体と知性、感情と情緒の育成と同様に心・霊・魂の育成を必要とする。
心・霊・魂のウェルビーイング(健康)は身体と知性、感情と情緒のウェルビーイングと同様に病的状態から回復させるための的確な専門的ケアを必要とする。そのようなケアのためには、心・霊・魂の理解が不可欠な条件である。

ねらい

  1. 人間の理解
  2. 人間の次元の理解
  3. スピリット・スピリチュアルの理解
  4. スピリチュアルな人格の理解
  5. 患者訪問の基本的なことの取得—–を目的にする。そのために講義やワーク、患者訪問の実習および訪問記録作成とグループにおける訪問記録検討会を実施する。

概要

  1. WHO のスピリチュアルな痛みに関する指摘
  2. スピリット・スピリチュアル
  3. 人間の定義について
  4. 「霊 SPIRIT」の存在
  5. スピリチュアルな次元
  6. スピリチュアルな人格の定義
  7. 患者訪問について


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。