価値観と使命

価値観と使命

信頼(価値観使命)病者などスピリチュアルケアを必要としている人々に、スピリチュアルケアの提供を保障する日本の社会の実現を目指す本センターは、人間に対して次のような価値観と使命観を持っています。

価値観

  1. 人間の尊厳と権利の擁護
  2. 人間一人一人への愛
  3. 真のスピリチュアルティ
  4. 真実と真理に基づく対話と人間関係
  5. 存在レベルでの共感のある人間関係
  6. 多様性の容認

使命

  1. キリスト教哲学に基づき、同時に諸宗教、異なる信条・信念を尊重してスピリチュアルケアに携わることの出来る人材の養成。
  2. 病者がスピリチュアルケアを受ける権利を有することを主張し、スピリチュアルケアの実践と普及活動。
  3. 病者への全人的ケアの一環として、スピリチュアルケア・ワーカーを医師、看護師、臨床心理士等と並ぶ専門家として養成。
  4. スピリチュアルケアに携わる他のグループや団体と協調した活動。


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。