聖霊病院カトリック社会事業室から

聖霊病院カトリック社会事業室から

こんにちは!聖霊病院カトリック社会事業室 Sr.村上多美代です。

村上多美代様こんにちは!パストラルケアワーカーのネットワークができ、そしてそのメンバーに加えていただくことができて、とてもうれしく思います。

今日はまずはじめに、聖霊病院においてのわたしの活動をご報告します。
わたしの所属するカトリック社会事業室(通称:カト社)の業務は、①総合案内 ②カトリック行事 ③ボランティアコーディネート ④パストラルケア ⑤ホスピス聖霊開設準備 ⑥眼科リハビリテーション(中途失明者のリハビリ)と多岐にわたっています。

わたしが主に携わっているのはパストラルケアとホスピスの開設準備です。
パストラルケアは私を含めて3名がそれぞれ病棟を担当しています。わたしは外科系の病棟を担当しています。ここには緩和医療科の患者様も入院されますの で、一人ひとりをゆっくり訪問しようと思うととても時間がかかります。また緩和医療科外来通院中の患者様やご家族、またスタッフからの相談を受けることも あります。緩和ケアチームが4月から再発足したので、そのメンバーとしての仕事もあります。

5年前からホスピスの開設のための準備が始められました。その一つとしてボランティアコーディネーターと協力してホスピスボランティアを養成していま す。1年間の養成講座ですが、3期目が修了し、現在17名がホスピスボランティアとして認定され、ホスピス準備の活動をしています。また主にホスピスの経 済的な支援のため、後援会が設立されましたので、そのお手伝いもあります。

院内各科の医師、訪問看護や、地域の診療所との連携を強化するために、研修会や事例検討なども始まったところで、さまざまな仕事に追われ毎日がめまぐるしく過ぎていきます。
「関わる」こと「育てる」ことが今のわたしの仕事の本質かな~と思っています。

社会福祉法人聖霊会 聖霊病院 カトリック社会事業室 室長
パストラルケアワーカー  Sr.村上多美代


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。