人と共に希望と共に歩む

人と共に希望と共に歩む

四方利栄さんはじめまして

聖テレジア会本部事務局所属の臨床パストラル・カウンセラー四方利栄(よもりえ)と申します。
常勤職員として採用をしていただいてから、おかげさまで早3年の歳月が経ちました。

近況を報告させて頂きますと、当法人で経営している4福祉施設のうち3施設でパストラルケア訪問が行われています。聖テレジア病院(神奈川県鎌倉市)に は非常勤職員3名とボランティア2名と私が、聖ヨゼフ病院(神奈川県横須賀市)には非常勤職員1名とボランティア2名が、七里ガ浜ホーム(神奈川県鎌倉市  特別養護老人ホーム)では私が兼任をさせて頂き、メンバーの協力の元それぞれの施設においてチームケアを柱にして活動しています。特に昨年からは聖テレ ジア病院の「緩和ケアチーム」のメンバーに入れて頂くことが出来、医師、看護師、ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師等の医療チームと一緒になって終末期 の患者様の全人的ケアを目指して活動しています。

聖テレジア病院と聖ヨゼフ病院ではセンターの5日間研修会を開催しています。また、聖ヨゼフ病院ではセンター認可のスーパービジョンを開催し、主に南関 東ブロックのスキルアップを図っています。私の活動としましては、本部事務局の仕事と共に先述の5日間研修会の計画・運営やスーパービジョンの受付窓口、 病院の患者様や施設の利用者様のパストラルケア訪問、パストラルケアメンバーの統括(会議の開催等)、法人内聖堂におけるミサの開催と聖堂管理、各施設の 典礼のサポート、聖体奉仕、パストラルケアに関する書類や書籍の管理、パストラルケア事業計画や予算の総括等、多岐に亘った仕事をさせて頂いております。 また、聖マリアンナ医科大学医学会学術集会や法人内中間管理者研修会においてはパストラルケアを啓蒙する為の発表を、新採用職員研修会においては講師を、 ありがたくも様々な場を与えて頂きチャレンジ精神で励んでおります。しかし・・・ハード面とソフト面の両方を担っていくことはとても至難のわざです。

現在、私は法人の本部事務局所属となっていますので全ての動きが事務局中心になっており、臨床パストラル・カウンセラーとしては独立が出来ていないた め、専門職としての葛藤の苦しみの中で仕事をしています。法人内では今もなおパストラルケアに対しての認知度が低い状況ですが、将来的には法人内各施設に 他部門とは独立したパストラルケア部が出来るようにと・・・職員への啓蒙活動に常々励んでいる状況です。例えるなら、開拓者が未開の土地に分け入り、暗中 模索の中で新たな道を作り続けているような・・・次から次へと様々な試練はありますが、希望をもってあきらめずにこれからも日々パストラルケアの存在の大 切さを伝えていきたいと感じています。

全ての人(患者様・利用者様・ご家族・お友達・職員)のQOL(生命の質、人生の質)の向上を目指して。

社会福祉法人 聖テレジア会 本部事務局
臨床パストラル・カウンセラー 四方 利栄
2008/07/03


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。