臨床パストラルケアに関わる活動

臨床パストラルケアに関わる活動

愛知県がんセンター中央病院 看護部 川瀬洋子

愛知県がんセンター中央病院
  1. 病院内に平成18年にスピリチュアルケア推進チームを立ち上げました。
    病院組織図では緩和ケアチームを支援するチームとして位置付けられています。
    緩和チームより相談依頼があれば出向し相談にあたっています。
    質向上のために、県内にある愛知国際ホスピスのスタッフと愛知がんセンターのスタッフと合同で1回/月の症例検討会を開催しています。
    (医師、看護師、MSW、病院付きチャプレン、ボランテイア・・・等の参加があります。)
  2. 愛知県看護協会主催の研修に①全人的苦痛の理解②スピリチュアルケアの実際を研修計画に取り入れてもらい講師を引き受けています。
    この研修は2~3年前から人気が出てきて次年度からコマを増やす予定で計画しています。
  3. 他施設からの講師派遣依頼(2~3件/年)に応じています。
    これは主に看護師対象の「ターミナルケア」「スピリチュアルケア」の講義です。
  4. がん相談支援室長を兼務しておりますので心の相談に来られた人の対応にあたっています。
  5. NPO法人CPFサポートの理事をしていますのでその会での病む人の患者・家族の相談にのっています。
私は比較的スピリチュアルカウンセラーとして、相談にあたる部署に配置されていますので、やりやすい環境ではあります。ネットワークつくりについての意見は病院内なら一番多い看護師を巻き込むこと、そして実績を作ることだと思います。
「みえる可」して行かないと他職種の理解は難しいかと思います。

2009/1/6


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。