全国大会の歴史

全国大会の歴史

全国大会は1998年以来、毎年1回開催しています。

第1回 1998年  京都  「心のケア」病んでいる人のために

114名

第2回 1999年  大阪  スピリチュアルケア

132名

第3回 2000年  大阪  スピリチュアルペインと心と魂の痛み

159名

第4回 2001年  東京  健康への医療の新しい試み

240名

第5回 2002年  大阪  「心と魂の痛み」に耳を傾けて

156名

第6回 2003年  東京  患者さんとその家族、医療スタッフに対するスピリチュアルケア

144名

第7回 2004年  東京  心と魂の叫びに応えて

192名

第8回 2005年  名古屋  スピリチュアルケア

237名

第9回 2006年  福岡  個人の内面的なパワー

174名

第10回 2007年  東京  スピリチュアルな痛み

226名

第11回 2008年  東京 スピリチュアルな痛み

127名

第12回 2009年  札幌 スピリチュアルな痛み

1日目:121名
2日目:115名

第13回 2010年  神戸 スピリチュアルな生き方

105名

第14回 2011年  東京 生きる力・活かす力

160名

第15回 2012年  鹿児島 希望をもたらす力

9日:112人
10日:112人


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。