臨床パストラルケア研究会とは

臨床パストラルケア研究会とは

臨床パストラル教育研究センターの研究会は日本社会に心と魂(スピリチュアル)のケアを推奨し、実践するための一つのプロジェクトです。同時に、研究会そのものはスピリチュアルケアのひとときでもあります。

この大会が成り立つには参加者相互のスピリチュアルケアによるものが大きいのです。
主人公は各参加者です。というのは、各自が自発的に自他のスピリチュアルな事柄を発見し、それらを探求した結果をこの研究会で分かち合い、得られた体験や知識を大会後、より 明確にし追究することが研究会のねらいであり、報奨でもあります。(『心と魂の叫びに応えて3』より抜粋)

※ この研究会へはどなたでも参加できます。
当日受付もいたしますが満席になる場合もありますのでお早めにお申し込み下さい。

大会は私たちのもの


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。