科目Ⅳ:スピリチュアルな痛み

科目Ⅳ:スピリチュアルな痛み

熊本・イエズスの聖心病院

(2012年11月21日~25日)

イエズスの聖心病院研修今回の研修で「スピリチュアルケア」とはという定義を自分の言葉で現すことが出来るようになりました。

人それぞれ同じ「痛み」でも、その人の価値観や環境などで「痛み」の内容が異なってくる。またその要因を判別し、明解にとらえることで、より的確に相手(ゲスト)と関わることができるように思いました。

明確であればあるほど、伝わりやすくなり、そのゲストのもっている「力の源」を発見することができるのだと思います。また訪問では、内容自体あせりもあり、ぎくしゃくした時もありますが、回数を重ねる度にゲストと冷静に向き合えるようになっている自分に気づくことが出来ました。

ゲストの方との時間、研修生の方々とのディスカッションや交流の中で分かち合いの意義を理解する事が出来ました。(講師の先生のするどいつっこみ?、で意識が深まった為でしょうか)

研修を受ける毎に自分のものとして感じ、表現できるようになっていると思います。先生をはじめ皆様に心から感謝致します。(Y.K.)


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。