聖母病院 科目Ⅲ 2014年2月

聖母病院 科目Ⅲ 2014年2月

聖母病院

科目Ⅲ:スピリットとスピリチュアル 2014年2月17日~2月21日

今回の研修では様々な出来事を体験させていただき、又、学ばせていただきました。
例えば、訪問記録の書き方は研修生である私に委ねられましたし、時に沈黙の時間も研修生の中で自主的に取るよう指示された場面がありました。積極性自主性を養われました。
次に講義では究極的な部分、つまり「愛のまなざし」が教えられ、他の講義はそれを補うためのもので、グループワークによって自らスピリチュアルや人間の次元の定義や区別を見出すよう促された形式で結果的にとても実りあるものと感じました。 又初めて研修中に4日間の訪問をさせていただき、初めて訪問目的を意識しすぎる余り、会話内容が思い出せない体験をしました。
最後に、人生の分かち合いをさせていただき、今の私が感じる過去を今までとは違った感覚で味わわせていただきました。そして何か一つの壁がとれたように“自分でいいのだ”と思わせてくれました。講師の先生のあふれんばかりの愛と研修生の誠実さ、正直さ、真剣さに感謝です。
(H.A.)


  |  



まもなく開催!+開催中!の研修会

研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。