仙台クライスビル 科目Ⅱ 2015年4月

仙台クライスビル 科目Ⅱ 2015年4月

科目Ⅱ:価値観の明確化  2015年4月25日~27日

「私は大切です」という言葉を研修の中で授かった時、一瞬喜びと共に、体の中の力が抜けたようでした。研修前の提出物の中に、「あんたが人生で何物にも増して欲しいと思っていることは何か?」と言う問いがあり、私は迷わず「何事があっても揺るぎない心」と書きました。東日本大震災を体験し、屋根に積もった雪を食べて一人で命を繋いだ3日間。生かされた者の使命として仮設の仲間たちと共に支え合い寄り添った日々。傾聴ボランティアとして奉仕活動をさせて頂く中で揺るぎない心を持ちたい、持ち続けたいと願うようになりました。価値観を自身が選んだ8枚のカードを使って明確化へと学んで行くうちに、私自身が願っていた「揺るぎない心」への道筋が初めて見えてきました。この研修では、「価値観は人生の中で変化して行くもので、変わらなければ死んでしまいます」と教えられ、深いところで気づかされ、元気を貰いました。「同じチャンスをもう一度与えられた時、同じことをすると言えるのなら、それは価値観に基づいた行動とおもわれる」とも教えられ、心の中に刻み、日々確認してチャレンジ精神をモットーに、大切に時を過ごしていこうと思いました。 (S.S.)


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。