東京 聖母病院 科目Ⅵ 2016年10月

東京 聖母病院 科目Ⅵ 2016年10月

科目Ⅵ:哲学的人間論

seibo20161024-s

初めて患者訪問をさせていただきました。どんな方だろうか、迷惑そうな態度をとられないだろうか、と緊張して不安でしたが、講師の先生、シスターに「断られることもあります。それは事実と受け止めて気にしないように」とおっしゃっていただいたことが、とても支えになりました。
3日間で2人の方を訪問させていただきました。
男性 94歳 3日間  人生をゆったりと受け入れておられる
女性 89歳 2日間  これまでの全てを感謝の心でみておられる
お2人共、人生を穏やかに受け止めておられたように感じました。
今回出会った方々がそのような方達ばかりだったのでしょうか、こちらが人生の大先輩からいただいたものが大きくて、何かお役に立ちたいと思って訪問した私の中に、傲慢さがあったように気付かされました。 また研修会のたびに仲間の方々と親しく交わっていただき、分かち合い(心の中をあばかれる痛みも含み)を通して 心が開かれて、軽くなっていくのを感じます。
毎回喜んで迎え入れて下さる方ばかりではないと思いますが、緊張した疲れと共にあたたかいやる気もいただいて帰りました。私にとって実り多い研修会でした。
実習させていただく病院とのかかわり方も小さな気遣いではすまないことも目のあたりにしました。御指導下さるシスター、先生方に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
今後共よろしくお願い申し上げます。  (S.M.)


  |  



まもなく開催!+開催中!の研修会

研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。