研修会感想 キノルド資料館 科目Ⅱ 2017年5月12日~14日

臨床パストラル教育研究センター > 研修参加者の声 > 5日間研修会に参加して > 研修会感想 キノルド資料館 科目Ⅱ 2017年5月12日~14日

研修会感想 キノルド資料館 科目Ⅱ 2017年5月12日~14日

価値観という堅い言葉にたじろいでしまったが、自分にとって掛け替えのない大切なものとして、それを扱う自分の中の根拠ととらえ直したら合点がいった。また、自分の価値観を明確にすることは、表面的な良いと思われる部分で覆い隠してある内面の自分に向き合うことになるので恐ろしくもあった。けれど、課題提出をやっている時楽しいというか充実感を覚えた。私にとって価値ある時間だった。P1030351
一日の中でどういう事にどれだけの時間を使っているのか表にして価値観を探る方法、自分を不快に思わせる事象の中から、自分の価値観を見る方法を教えていただき、目的(目標)としていた事から離れていつしか手段が目的化してしまわぬよう注意していくことの大切さも学んだ。研修が終わったこれからが学びを生かしていけるか私の本当の課題である。
自分の価値観を明確にして、自分が自分である本物になってこそ、相手の本物を開いてくださる。本物同士の出会いのために」自分の価値観を明確にする必要がある―これが研修から得たものであった。
(S. S.)


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。