研修会感想 東京聖霊マリア館 2019年3月

研修会感想 東京聖霊マリア館 2019年3月

東京 聖霊マリア館 感想

科目Ⅰ:人間関係とコミュニケーション・傾聴

2019年3月12日~16日

一日目は不安と緊張で胸がいっぱいでした。他の研修生の方と親しくなれるだろうか。講義で自分だけが理解できずにおいていかれたらどうしよう。そんなことを考えていたが、研修に参加している方たちは皆とても優しく、講義のワークなどで一緒に話している時には「私」について知ろうと親身になって話を聞いてくれ楽しい気持ちで研修に参加することができた。
現在大学生で将来は病院の薬剤師としれ患者さんとの信頼関係を築き心身共に健康になれるようサポートができるようになりたいと考えている。そこでコミュニケーションの基盤である「傾聴」について学びたいと思い、この研修会に参加したが傾聴により相手を受け入れるためには、まず自分について知り、自分を受け入れる必要があると言う事に気づかされた。講義中のワークでは自分について気付いていない無意識の領域がとても広いことが分かり、他の研修生や先生と話すことで知らない自分に気づき意識化することができた。普段これほど真剣に自分と向き合う時間がないため、行うワークはどれも新鮮でこれまでにない気づきを与えてくれた。また、自分に気づいていくうちに、相手の話を聞くために「感情」よりも「思考」がはたらいていることが分かり、相手のありのままの姿を受け入れるのではなく、主観で考えてしまっている事にも気づくことができた。今回の研修では明確な自分に対する課題を見つけることができ、そうした気づきを大切にして、これからは課題を克服していきたい。
(無記名)


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。