研修会感想 札幌修道院 科目Ⅰ 2019年5月

研修会感想 札幌修道院 科目Ⅰ 2019年5月

研修会感想

札幌修道院 科目Ⅰ:人間関係とコミュニケーション・傾聴

2019年5月18日~22日

科目Ⅰ受講にあたっての事前課題が多くどうなる事かと思ったが、教科書を読んでいくうちに、内容に引きこまれ、又、自分自身と向き合いながらの参加となった。
講義はひたすら傾聴で、その中でパストラルケアにたずさわる中での自分の在り方、相手との向き合い方を学んでいく。これは日々生きて行く中でも必要な内容だった。
私は今、自分が人生の大きな転換期にいると思っている。今まで自分の人生を自分らしく生きてこれなかった分、これからは「自分を生きる」という思いが強い。自分を受け入れる事の大切さ、自分が自分との関係に正直になる事、自分から逃げない、自分で責任をとる、自分の役割をはたす。
くり返し先生が教えてくれた。 私は自分と向き合って、自分の多様性、自分に与えられている「美しい宝物」を見つけたい。
自分の価値観の中で自分に足りないものも発見できた。講義を受けていく中で自分の価値観は変わったように感じる。
又、初めての札幌の地、初めての修道院での生活、初めての仲間との出会いでパワーいただき、愛を感じながら、とても心の満たされた、充実した5日間を過ごせた事に心から感謝をします。
(無記名)


  |  



研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。