研修会感想 仙台 暁星園・光ヶ丘スペルマン病院 科目Ⅶ 2019年9月

臨床パストラル教育研究センター > 研修参加者の声 > 5日間研修会に参加して > 研修会感想 仙台 暁星園・光ヶ丘スペルマン病院 科目Ⅶ 2019年9月

研修会感想 仙台 暁星園・光ヶ丘スペルマン病院 科目Ⅶ 2019年9月

研修会感想 仙台 暁星園・光ヶ丘スペルマン病院

科目Ⅶ:神学的・宗教的人間論

2019年9月23日~27日

今回の研修科目Ⅶはタイトルが「宗教」ということで、当然のことのように祈りを深める講座だと想像していました。しかし講座を終えて今思うのは、この世界には沢山の宗教があり、キリスト教はその中の一つに過ぎないということ。とりわけ日本に置いては、キリスト教はたった4%だということ。今迄の私は、こんな当たり前のことを意識していなかったことに気付かされました。様々な人たちが様々な宗教をもっており、無宗教という人でも何かしらの信仰や信条を持っているという事を再認識させられました。これから出会っていく方々も、それぞれの信仰や信条をもっておられ、私もキリスト教を下とする信仰や信条を持っている。訪問した方の前に居させて頂く時に、その方々が独自の信仰や信条をもっておられることを意識してお話を聞かせて頂くことは、最低限の姿勢だと思いました。
会話記録に検討会においては、今回、今迄になく参加者皆が自由に発言できる雰囲気だったと思います。それらは、講師の神父様、コーディネーター、そして参加者全員のお陰だと感謝しています。私自身も本当に自分らしく自由でいられるものでした。そのお陰で、ホストとの会話時の自分の気持や気分をしっかり振り返ることができ、反省点が浮き彫りにされました。苦しみえを聴かせて頂くためには、自分自身も解放されていなければならないということは良く言われることですが、実は今迄は分かっているようでわかっていなかった。自分が自分らしく自由でいられた時、自分が解放されているということがどんな感じなのかを、この研修で体得できたように思います。
ありがとうございました。(S. A.)


  |  



まもなく開催!+開催中!の研修会

研修会場を探しています!

東京都内で臨床パストラルケア(=スピリチュアルケア)の研修会の場所を探しています。もう15年以上、毎回場所を探し、教材・PCやプロジェクターなどを運ばなければならないのです。ご協力を願っています。

臨床パストラル教育研究センターは、病人を全人的にケアするのに不可欠なスピリチュアルケア・ワーカーを養成するための組織です。